葛飾区で減築と リノベーション工事

左記の平面図は、既存の平面です、此方の建物の建蔽率オーバー及び不具合が有り 改修工事を行いました。
 隣地境界 から自宅建物が 450ミリ 出ていました・・・・との相談が有り 調査 検討後に改修工事を 
行いました。
左記の写真は 減築工事後のものです、奥行の巾を450ミリ狭くしました。
左記の写真は工事前の住宅です。モルタル壁にサイデングを上張りした 様子ですが 雨水が浸入していました。
今回は 土台、柱 等を残し裸の状態に戻しました。
今回の工事は 住宅の減築とリノベーションが主な目的です
左記の写真は 減築部分の基礎工事です。450ミリ程縮小しました。
解体工事中に大事な行動用梁部分に、シロアリの被害が出てきました。
こらは取り替える必要が有ります・・ネ
左記の写真はシロアリの被害及び間取り変更による 梁、柱 桁 等の入替え作業です。
住宅二階部分リフォーム。古民家風に!7 外部、屋根部分です。
住宅二階部分リフォーム。古民家風に!9 台風や 地震等 耐力壁の木工事の様子です。
住宅二階部分リフォーム。古民家風に!6 シロアリ消毒の様子、今回の建物はシロアリ被害が大変大きかったです、二階和室の梁が大きな被害でした。
住宅二階部分リフォーム。古民家風に!9 左記の写真は壁部分の断熱こうじです、この住宅は柱、等の壁厚 役105mm部分に発泡ウレタンのふき付けを行いました。
この工事中でも 外部の騒音等が かなり小さくなった ようです。
住宅二階部分リフォーム。古民家風に!8 同上です。
空間部分に隙間無く入り込みますので 効果は抜群です。
勿論 夏のエアコンの効き目もすばらしいです。
住宅二階部分リフォーム。古民家風に!10 左記の完成写真です、外部壁 サイデング工事の下地です。
住宅二階部分リフォーム。古民家風に!11 左記の写真は 仕上がりの様子です。お住いにお客様から お言葉では 内部の静かさ 暖かさ等が 凄く良くなった・・・とのお言葉を頂きました。

住宅二階部分リフォーム。古民家風に!

住宅二階部分リフォーム。古民家風に!1 左記の平面図は、既存の平面です、二部屋和室を ワンルームに変えたい・・・との要望です。
それに伴う 収納も見直し、又ベランダ部分も一部変更します。奥の洋間8畳は壁、天井、の張替に留めました。
住宅二階部分リフォーム。古民家風に!2 左記の写真は工事前のものです。経年の汚れがあちこちに有り、暗い部屋になっていました。此方のオーナー様の希望が、ちょっと古民家風・・・に直したいとの事でした。
住宅二階部分リフォーム。古民家風に!3 先ずは解体作業から始まりました。和室の欄間もすばらしい物が着いていました。この欄間はどこかに再利用する予定です。
住宅二階部分リフォーム。古民家風に!4 上げ裏部分が見えてきました。今回は旧い梁、桁、母屋等も化粧して見せる、デザインを考えました。
住宅二階部分リフォーム。古民家風に!5 左記の写真は天井部分ですが屋根部分との空間に断熱材を取り付け断熱性能を上げる工夫もしています。今までは寒さ、暑さが堪えたそうです。
住宅二階部分リフォーム。古民家風に!6 ボード下地が終わりました。又梁、桁、母屋他も木肌を綺麗に整え、塗装工事を待っています。
住宅二階部分リフォーム。古民家風に!7 部屋の中間部分にキッチンを置きカウンターでコーヒーも飲めます・・ネ!
住宅二階部分リフォーム。古民家風に!8 左記の写真はご希望が有った、造り付け飾り棚の仕上がりです。内壁には鏡を貼り付け棚板は透明ガラスで、天井からのダウンライトが良く映えます。
住宅二階部分リフォーム。古民家風に!9 左記の完成写真は、その様子、鏡に映ってコップ、ボトル等が2倍・・・になっています。
住宅二階部分リフォーム。古民家風に!10 左記の完成写真です(天井化粧梁、桁部分)。此方のお客様は古民家風・・・・と云う事でしたので、打合せに時間を取り納得のいくまで検討しました。
照明も間接照明を主体に考えました。
住宅二階部分リフォーム。古民家風に!11 左記の完成写真です。床はフローリングで濃い茶色を選び全体的な古さを演出しました。柱のほぞ、貫穴、傷、ボルト等も化粧材として、見せています。

住宅リフォーム

住宅リフォーム1 左記の写真は工事前のものです。中々整理が出来ず、散らかし放題の様子でした。
住宅リフォーム2 床から全て解体し、給、排、水、給湯等の全てを新規取外しました。
又床下からの湿気防止用の防湿フィルムも併せて施工しました。
住宅リフォーム3 その後床下の断熱材等を設置し捨て板(コンパネ12㎜厚)を施工します。勿論その下には暖房用の断熱材もしっかりと施工済みです。
住宅リフォーム4 また今回は床暖房を施工しました。左記の写真は床暖房の電気式ヒーターです。その上に仕上げ材の施工を行っています。
住宅リフォーム5 左記の写真は流し台取替の写真です。このセットはクリナップのシステムキッチンです。L-2550タイプです。
このキッチンは食洗器も設置済みでお食事後の食器洗いの心配は無くなりましたネ!
住宅リフォーム6 部屋廻の仕上りで寝室部分です。この部屋は寝室部分です。此方の内部リホームは従来の柱を活かし古民家風な塗装を施して有りますが、新旧とどこか懐かしさ・・・を演出しました。
住宅リフォーム7 今回のお宅は浴室のリホームも合わせて工事をやらせて頂きました。
住宅リフォーム8 左記の完成写真です。此方のお客様は1階部分全てに床暖房を設置されました関係でご予算もチョットオーバー気味の様子でしたが、やはり寒さには変えられないとお話されていました。

葛飾区 立石で工場を住宅へ改修

葛飾区 立石で工場を住宅へ改修1 此方の住宅は今まで工場経営をされていたものですが、そろそろ引退・・・と判断されて其の後を住まいに改修されることを決断されました。今までの住まいは二階部分でしたがそこを息子様ご夫婦に・・今の一階部分で生活する事になりました。
葛飾区 立石で工場を住宅へ改修2 最初に図面計画をし相談がまとまってからそれに従い間仕切りを始めます。左記の写真は大引き、根太を施工うしている処です、今までの玄関横」廊下回りの高さに合わせての床高さを決めて施工します。
葛飾区 立石で工場を住宅へ改修3 工事を進めて行く為にお風呂部分を先に組み込みます。それが左記の写真です。今回のような場合は脱衣所、洗い場も広くする様に頼まれていました。窓も大きくする必要が有り、外部ブロック壁の開口も行いました。
葛飾区 立石で工場を住宅へ改修4 今回のお客様は、四ヶ所(合計m数約11m)に手摺をご希望で、かかった金額は、1万6千円ほどで左記の写真は根太を施工して断熱材(床下断熱)を全面に敷き込み床暖房施工の準備をしておきます。一部開口が見えますがここは床下収納庫が入ります、既存廊下との関係で床下の高さに余裕がありましたので少し深めの収納庫としました。
葛飾区 立石で工場を住宅へ改修5 天井は今までは鉄骨がむき出し状態で保温力は全く考えていなかったようです。天井下地を組み更に天井用断熱材も入れ壁回りも今まではブロック塀でしたので50ミリの断熱材を全面に貼り付けました。
葛飾区 立石で工場を住宅へ改修6 左記の写真は床部分、暖房用のヒーターを設置している処です完成後に家具の下やソフアー下になる部分は設置をしないように計画しています。
葛飾区 立石で工場を住宅へ改修7 左記の写真は完成のリビングキッチンです。流し前のテーブル部分の下はヒータの設置はしてありませんのでコントロールの誤作動は避けるようにしました。
システムキッチンでのお料理をすぐ後ろのカウンターでも、チョットしたお食事や、お茶タイムを取る事も出来るようにご希望されていました。

足立区小菅 アパートリノベーション工事

2019年12月05日 工事前状況
左記の写真は解体完了の様子です。
築年数 25年とお聞きしました。今まで手を入れてなかった・・・とのことです。
左記の写真は解体完了の様子です。
新築時の様子まで 戻し 設備、器具、壁部分 浴室」、トイレ、台所設備全て新しい物に取替えます。
左記の写真は先ず床下になる 給湯、給水廻りの設置を始めています。
ポリブデン材の管を使用しました。
葛飾区金町、工事進捗状況1 左記の写真は 部屋の概略の 建て方です。
葛飾区金町、工事進捗状況5 左記の様子は水道設備配管等は 全て新設します、今回は最新ポリブデン管を採用しました。
信頼性と 施工性よ良さが 嬉しいです、、、ネ
葛飾区金町、工事進捗状況2 左記の写真は施工中の様子です、内部施工業種との 進め方がお互いに早く終わりたい、、、、等・・問題ですが
やはり打合せが一番です。
お問い合わせ